職人Lv上げ

その昔。
XGは、職人はスキルレベルさえ上げていけば生活できる世界でした。
ランクアップクエストで各地を巡るとき、どうしても通らなければならないLv制限のある「関所」も、「Rank3装備の賄賂」や「偽造手形」など、少し工夫すれば通過できる仕組みが用意されていました。
おそらく、職人にはキャラのレベルを上げることは要求しないという「運営方針」があったのでしょう。
この仕組みを最大限に利用し、Lv1キャラのままで御用達職人を楽しむ方もいらっしゃいました。



PUK1の時代。
「水龍レシピ」が実装され、職人も戦って「勾玉」を集めました。かなり苦労してレシピを入手したことを覚えています。

PUK2の時代。
「リバース」が実装されました。
かなり革命的な生産システムの転換で、その効果の絶大さに、すぐに下方修正(バースト消費時間の大幅アップなど)がされました。

PUK3の時代。
「匠」へのランクアップが実装されました。何故か、職人も戦闘をかいくぐって進まないとクリアできないクエストになっていました。それも2名までのPTしか通行を許されない、かなり厳しい道のりでした。

そして現在。
「ペットヘルプ」が、キャラLvに依存する形で実装されたことが明らかになりました。高ランクな装備を「ペットヘルプ」で生産するには自分のLvを上げるしかありません。
残念ながら、低Lvキャラでの職人プレイスタイルは、XG運営サイドから存在を否定されたに等しい「方針転換」があったようです。

世界の仕組みが変わったなら、どこかで自らにも折り合いをつけていくしかないでしょう。

自分の職人は「関所」のLv制限をうけないようにLvを上げたり、「水龍」レシピを取りに行っていた時に、自動的にLvも上がっていたので、Lv1で職人プレイされていた方ほど、今回の「方針転換」で「精神的ダメージ」は受けずに済んだんじゃないか、と思い直してみたり。

2時間ほどバーストして、シェラウェッソの塔へ。ナイフ屋(Lv35→Lv39)、服屋(Lv33→Lv35)までアップ。目標はLv50台前半なので、まだまだ先は長いです。
気長にやるとしましょう。