ペットヘルプとライダースキル

折角実装された新システムをいつまでも食わず嫌いしていても「進歩」が無いので、自分で体験してみることにしました。

「CrossgateTimes」http://cgt.aquamint.info/にある、うさぎ紳士さんの日記「ライド生産による産業革命」で、ペットヘルプするモンスのLvと作れる装備Rankの対応について詳しく解説されていてとても参考になりました。ありがとうございます。

手持ちの「ジャバー付きモンス」にLv19の「オットーバット」が居て、「Rank2〜3」の装備をヘルプ可能と判ったので、今日の目標を

  • ナイフ屋の「ライダー」スキルを「Lv3」にする。
  • Rank3ナイフ「バターディア」をペットヘルプで作ってみる。

としました。
「バターディア」はこれまでも沢山作ってきたので、出来の良し悪しも判り易いし、もし駄作になっても「餌ナイフ」として使える、という目論見もありました。

実は、ナイフ屋は「ライダー」を取得してから今までに一度もスキルを使った事が無かったので、経験値が「0/1800」の状態でした。文字通りゼロからのスタートです。

「スキル上げするにはバーストした方が早いだろう」と思い、今日支給されていた(装備作成職には貴重な)1時間のバーストを消費してギルドルーム前の神殿の廊下をライドして行ったり来たりしてました。バーストが切れても目標の「ライダーLv3」には程遠い状況だったので、そのまま続けてスキル上げしました。

最初「モンスタークリスタルLv1」しか持っていなかったので、「Lv2」になった後もしばらくの間、ずっと「ライダーLv1」しか使えない状態で、そのままスキル上げをしていました。

「ライダーLv2」になった後で「ライダーLv1」を使っても、貰える経験値が減らなかったので「ナンか変だな」とは思っていたのですが。。。

これまでのスキル上げでは、その時自分が使える最大Lvのスキルを使うと経験値が一番多く貰え、低いLvのスキルを使うと少ない経験値しか貰えないというパターンでしたが、ライダースキルは違っていたのです。

具体的には、バーストしていない状態で

  • ライダーLv1 20Exp
  • ライダーLv2 30Exp
  • ライダーLv3 50Exp

のように、スキルLvが上がると得られる経験値も増えていたのです。

スキルLvが上がると、ライドして歩ける距離も伸びていくので、経験値もそれに連動しているみたいです。

ライダーのスキル上げをしながら、クリ欠けをもった別のキャラでヒンメルキントへ出向き、「モンスタークリスタルLv2」と「同Lv3」を入手して、試しに「ライダーLv2」を使ってみたら「ライダーLv1より経験値が多い」事に気付いたのですが、それまでの間、効率の悪いスキル上げをやってしまいました。



開始から3時間くらい経過しいい加減に廊下を往復するのに飽きた頃、ようやく「ライダーLv3」に到達しました。
早速バターディアを作ってみました。

なるほど、レシピから「バターディア」を選んだ時点で、作成画面にヘルプするペットが現れるのですね。
これなら「ペットヘルプ」の条件が揃っていることが、装備を作る前に判って良いですね。

最初、ライドした状態で生産しなければいけないのかと思っていましたが、

・「ペットヘルプ」するモンスが「Battle」モードになっている
・モンスタークリスタルの属性が「ペットヘルプ」するモンスと合っている
・モンスタークリスタルのランクが作成する装備のランクと合っている

などの条件が揃っていれば、現在ライドしているかどうかは関係ありませんでした。

実際に出来た「バターディア」の例。

何本か作ってみましたが、ATK+40〜+60台と、いつものノーマル作成と変わらないATKの触れ幅で「失敗率減少」の効果はあまり感じられませんでした。

とりあえず、今日の目標は達成できたので満足です。