絢爛舞踏祭

努力の甲斐あって、現在艦内に居るほとんどの女性キャラ(除く、艦長)からお昼寝やマッサージを頼んだり頼まれたりする関係になり、パイロット兼マッサージ士として活躍中です。

ただし、イイコだけは未だに感情パラメータが半分程度までしか上げられていません。彼女は時々別の時空を放浪する人で、今も不在。居ないキャラはどうしようもないので、イイコが戻ってくるまで他のキャラにコーヒーや疲労軽減アイテムを配ってメンテナンスしておきましょう。。。

あちこちの陣営から送り込まれてくる工作員ぽい乗組員も片っ端から話しかけて篭絡。どうやらラブラブモード(と勝手に命名:人間関係ステータスの友情〜親愛の値を最大値の600にすること)にしておくとスパイ活動を諦めるらしく、一石二鳥なので優先的に話しかけてます。

そうやって送り込まれてきた内の一人、エステルが「この艦へ来て私の価値観は変わりました。もうスパイ活動はできません。さようなら」と送信して本国と決別するシーンは泣けましたね。工作員転じて有能で忠実な乗組員ゲットですよ。

あの一件以降、エステルはいつもご機嫌でお仕事してくれるようになりました。よしよし、かわいいやつ。時々、「尊敬してます」とウルウルした眼差しで見つめられると、そのまま個室にお持ち帰り(以下略

このゲーム、NPCのAIが結構良く出来ているので筋書きの無いドラマを演じてる感じがして面白いですね。本来のゲームの目的は「火星に100年の平和をもたらすために敵を倒しまくる事」だったはずなのですが。すっかり忘れてるような気がする今日この頃。。。