ギルドモンスと仲良しに(その2)

前回の日記(ギルドモンスと仲良しに)の実験では「カミカミ草」大量投与で「好き好き」にしましたが、今回は投与回数を半減できるかもしれない「アイシャ キャンディー」を使いました。

実験に使ったキャラは、以前に餌を与えていた時期があったので「大嫌い」からのスタートではありませんでしたが

話しかけないで
 ↓ 22個  (51個)
好きでも嫌いでもない
 ↓ 15個  (29個)
嫌いじゃない
 ↓ 13個  (28個)
仲良し
 ↓ 26個  (52個)
好き好き
      (参考値)前回のカミカミ草投与個数
合計: 76個×420G=31920G

という結果になりました。
「アイシャ キャンディー」は、「カミカミ草」に比べて倍の値段するのですが、その分、効果も倍あるようです。

つまり「好き好き」になるまでに消費する金額は変わらず、買ったり与えたりする手間が半分に減るわけで、仲良し度のアップには「カミカミ草」より「アイシャ キャンディー」を使った方が楽なようです。

さて、そうなるとギルドモンスのオヤツには

アイテム名値段(※)210Gの…
カミカミ草210G1倍
アイシャ キャンディー420G2倍
ケレブレン クルミ1260G6倍
ケレブレン ナッツ1680G8倍
ゴブリンの丸焼き2520G12倍
メンブルム ヤシ2520G12倍
ケレブレン フルーツケーキ5880G28倍
ケレブレン フルーツ10080G48倍
※「青果屋ナカムラ」による。
などがあるのですが、他のアイテムも「値段」と「効果」が比例していそうな予感がします。

また今度、他のキャラで実験してみましょう。