夏休み黄金洞窟

今日は、先日の定期メンテナンスで追加された恒例の黄金洞窟へ行ってみました。
洞窟の入り口はアイシャ島の東門(ブラキウム高地やキュステの村へ徒歩で行く時に使う門)を出て橋を渡り終えてすぐのところ(北側)にありました。MAPでは、「ケレブレンの森 212-203」のあたりになります。

門番のトゥーンシェイド http://www.afis.to/ray/xg/msearch.cgi?mode=detail&cno=108 に話しかけてLvに応じた入場料を支払ったら入れます。以前に比べて高Lvキャラの入場料が安くなっているので入りやすくなりました。

例によって、二層構造のランダムダンジョンのようです。一層目が「ブルーフォート」という名の紫色の洞窟です。暗めの洞窟なのでMAP画面で現在位置を把握し辛かったです。

これが地下1階〜49階まであって、階が下がるにつれて敵のLvも上がって強くなっていきます。50階に中継地点があり、さらにその下に第二層が待ち構えているパターンです。

以前の黄金洞窟に比べ、出現する敵モンスのパターンが何通りかあるようです。新しいモンスも何種類か見かけました。

  • アイスリザード、スバイブ、クラビー
  • ウーズ、プチドラゴン
  • ティールヘイズ、ブランクスモッグ(ティールヘイズの黄緑色Ver)
  • カイーナ(雪だるま)、ナイトメア

などなど。

折角の新モンスですが、ここは入り口で説明されるように封印は出来ない洞窟なので倒すだけです。カイーナ(雪だるま)は結構仕草が可愛いので捕獲できるようになったら人気モンスになりそうです。

宝箱は「これでもか」と言うくらい一杯ありました。銅の鍵で開くノーマルタイプの宝箱がほとんどですが、ダゴンの鍵で開くカラフルな宝箱や、「夏の宝箱」「謎の宝箱」などがあるようです。

「夏の宝箱」はダゴンの鍵で開けられましたが、「謎の宝箱」だけは手持ちの、どの鍵(銅・白・黒・ダゴン)も使えませんでした。私はこれ以外の鍵を見たことが無いのですが、どこかにあるのでしょう。

再構築は2時間周期のようです。運良く、入って5分くらいで最初の再構築が掛かってスタート地点へ戻されました。そこから50階まで、見かけた宝箱は片っ端から開けながら降りて行きました。

【参考】4サバでは21:10、23:10、01:10あたりに再構築がありました。

「ブルーフォート」途中には「サニー」「アリシア」というNPCが居ます。アリシアから『「ティーカップ」を回収してきて欲しい』というお使いクエストを頼まれます。お使いを頼まれたらダゴンの鍵で開く赤い宝箱から出る「サニーの置き手紙」というアイテム(置くと消える、Tr不可)を集める必要があります。その手紙が無いとサニーに会ってもクエストが先に進みません。赤い宝箱を何個か開けたら、PT全員が数枚づつ「置き手紙」を得ましたが複数枚必要とも思えなかったので各自1枚だけ残して捨てました。

サニーやアリシアの位置は洞窟が再構築されるたびに変わってしまうので、お使いを終わらせるには、手紙を貰えるか、上手いことNPCに出会えるか、などの「運」も要りそうです。

今日は宝箱から「置き手紙」を得るところまで進みました。クエストを達成すると、アリシアから何かお礼の品を貰えるみたいなので、楽しみです。

洞窟の浅い階は敵モンスを軽く蹴散らして進めましたが、地下深くへ降りるに従って徐々に敵も強くなっていきます。中間地点の地下50階間近のあたりでは、モンス全員を倒し終わるまでに数ターン掛かるようになっていました。

PTにはクレリック2名が居て食料も満載していたので回復は心配はありませんでしたが、どうも火力不足な感じです。

なんとか次の再構築が掛かる前に50階の「???」へ到達しました。そこのNPCから記念に「潮騒の腕章」を72Goldで購入し、さらに第二層「流砂の骨洞窟」へ進みます。
流砂の骨洞窟は先ほどまでのブルーフォートとはガラリと雰囲気が変わって明るい洞窟でした。「失魂」クエストでおなじみのホテル地下に似ています。

こちらも敵モンスが何種類かパターンで出るようで

  • (岩シリーズ)クリスタル、クラッグ、ロック、バホイホイ
  • (骨シリーズ)スケルトン、カワンチャ、スパルトイ、リビングトラップ(緑骨魚)、パワフルガム(白骨魚)
  • (サメと亀:中ボス)シュモクナイト(中型サメ)、カラバス、トータスク、ヒートシェル、アダマンタス
  • (花:中ボス)ハナアルキ、ハナバシリ、ハナオドリ、ハナトマリ、-デカハナアルキ、デカハナバシリ、デカハナオドリ、デカハナトマリ

などです。特にハナアルキやデカハナアルキが出てくるパターンでは全体魔法をバンバン撃ってくるのでかなり痛かったです。

一度だけですが「ナノレシア」という盗賊のおやびんとその一味が現れて中ボス戦になりました。GoldAttackを食らってトータル1000Gくらい盗まれながらも倒しましたが、特に何もドロップアイテムは無かったようです。ナノレシアは盗賊のおやびんと呼ばれるだけあって、こちらの攻撃をかなりの確率で避けるので連携(コンボ)や魔法でダメージを与えていくしかなさそうです。

途中にヤスという名のゴブリンが居て、「化石の花」(置くと消える)アイテムをくれました。これも何かクエストのようですが、まだ判っていません。


結局、今回は持参した銅の鍵約170本を使い果たしたところでログアウトして戻ってきました。最終到達地点は敵がLv70くらいだったので最下層(100階)にたどり着くにはまだまだ掛かりそうです。…というか、流砂の骨洞窟は中ボスに遭遇するとかなり強いので最下層到達は無理かもしれません。

特に今回は宝箱を開けることを重視して得た古銭やキューブはMMで街で待機している鑑定士へ送りつけていたので、MMが戻ってくるのを待っている時間などがあって、あまり先へ進めませんでした。

宝箱を開けまくったお陰で、R1〜R3あたりのアメジストが20個ちかく確保できました。これで低ランクなナイフや服をリバース作成すると良く売れるのでこれも楽しみですね。

他に宝箱から出たものでは、「片割れ卵」も15個くらい集まりましたが、残念ながら一致するものはありませんでした。

あと、「桟橋前ワープ券」という圧縮した木材券に良く似たカード型アイテムも10枚ほど集まりました。試し一枚使ってみたところ、キュステの村の鯨船乗り場前にワープしました。ただし、PTを組んでいる状態でワープ券を使うと、使った本人だけPTから外れてワープするようです。

とりあえず、今日のところはこんな感じで。また今度続きにチャレンジしてみたいですね。