Sysprepで致命的なエラー

会社で新PCのセットアップに使うGhostイメージを更新するため、WindowsUpdate、FirefoxThunderbirdなど各種ツールを最新化し、Sysprepを掛けたら「致命的なエラー」を起こしてSysprepできなかった。

PCを納入してくれている業者さんの技術部門の方に伺ってみたり、あちこち情報を漁り、最終的には、Sysprepのエラーログの情報を元に
  Sysprep your Windows OS for more than 3 times – IT in a box
というページを見つけた。

そこで指示された

サービス停止
    Windows Media Player Network Sharing Service

レジストリ値の修正
  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\Status\SysprepStatus\GeneralizationState\
  CleanupState:2
  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\Status\SysprepStatus\GeneralizationState\
  GeneralizationState:7

「ファイル名を指定して実行」で
    msdtc -uninstall
    msdtc -install

PC再起動

を実施したら、いつもどおりSysprepできた。ありがたや、ありがたや。

今後、再発した時のためにメモとして残す。