坑夫→狩人に転職

最近、食料や薬を作って売るXG生活をしている関係で、2キャラも坑夫を持っていても副業スキルの「狩猟」か「伐採」ばかりさせていて、本業の「採掘」はほとんど使っていませんでした。その反対に1キャラしか居ない狩人は「カニ」や「イセエビ」の採取に忙しく、高ランクの食材確保がなかなか大変です。
そんな訳で、坑夫を狩人に転職させたいなと思っていました。ただし「オリハルコン」なども確保できるようにしておきたいので片方の坑夫はそのまま残すつもりで。



土曜日。
お友達で「転職保証書を貰って転職したい」と言う方がいらしたので便乗しました。しかし、これが2日掛かりの大仕事(?)になってしまいました。

XG攻略ページによって、いろいろな名称で呼ばれているクエストなので説明が難しいのですが、「琥珀の卵」に関連する一連のクエストで、前提になる2つのクエストを済ませておかないと始められない仕組みになっています。確実にこなすため、一番最初のクエストからやりました。

途中までは順調に進んでいたのですが、一旦NPCの家に入って外へ出ると洞窟へ、と言うステップのところで、なぜか洞窟へ行けないキャラが居てパーティが分断されてしまいました。仕方なく全員リセットさんで「アントン」にリセットして最初からやり直しました。

次は、各キャラがしっかりとNPCに話しかけるよう徹底してクエストを進めたのですが、今度はボス戦で勝利した時に、パーティに1個だけ出るハズのキーアイテムを、キューブなどで荷物が一杯になっているキャラが居たせいで受け取れずに失敗…。
既に明け方近くなっていたので、一旦解散しました。



日曜日。
気を取り直してまた最初からやりなおし、3度目にようやく「転職保証書」を貰うことが出来ました。

何度も同じクエストをやったので、道順もすっかり覚えてしまって「転職クエストマスターになれるね」などと笑っていました。
以前に手伝った時もうまく行かず何度かやり直した覚えがありますが、すんなり行かないクエストです。

とにかくも、ようやく貰えた「転職保証書」です。坑夫の時のスキルLvを保持したまま、見習い狩人に転職できました。ただし、狩猟ギルドのマスターは「狩人推薦書」を持参しないと転職を許可してくれないので、ギルドモンスの餌作成のために持っていた「弓作成Lv3」を消し「お試し狩猟」を入れて「伝説の鹿皮」を採りました。ここでスキルスロット3個消費ってのが結構痛いですね。

※坑夫のときにRUP4を2周していたのでスキルスロットは+1されて11個になっていましたが、今回の転職でスキルスロットは減りませんでした。

「転職保証書」のお陰で、転職したてで既に「狩猟」スキルや称号が見習いの上限を超えているので、続けて「見習い解除」クエストへ行きました。本来なら、生産系はお使いクエストに行くべきところですが、それより速く済ませられそうだったので、戦闘系の長老トレントを伐採して見習いを解除しました。

※熟練クエストは、生産系で赤犬を倒しても熟練になれない事は、以前に試しました。

しばらくは熟練狩人を目指して「あなご」や「のり」を採って狩猟のスキル上げです。そのうち、今までより食糧生産が楽になるでしょう。