エウレカセブン ハイエボリューション1

f:id:ale:20170917165041j:plain

映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』

を観て「来場特典ステッカー」を貰ってきました。

 

最初から最後まで回想シーンの「ザッピング」だらけです。

時系列が行ったり来たりして「お話」を理解するのが大変でした。

映画の内容的には、今まで語られなかった「過去編」+これまでのお話の「総集編」的な感じです。

レントン博士が英雄として散る「過去編」はなかなか見ごたえがあります。

(話が断片的で良く判らない事だらけですが)

ハイエボ「1」と称しているように続きがあるそうです。

ハイエボ「2」の予告編はかなり「ぶっ飛んだ」お話を予定しているようです。

(KLFサッカー?アイドル?)

レントン少年が最初から最後までウザく暑苦しく勝手に思い込んで、とんでもない方向に突っ走って、当然のように壁にぶち当たってボロボロになっていく様は「とても良かった」です。

「1」はこれから始まる新ストーリーへの「序章」的な感じで「え?もう終わり?続きは?」と「2」への期待が高まるものでした。

映画はお勧めですが、個人的には観終わった後の疲労感がハンパ無かったので「ザッピング」しまくりはもう勘弁、と思いました。

 あと以前に放映してたアニメ版「エウレカセブン」を知らない人がこの映画を観ても多分「なんじゃこりゃ?」なので、その点はお覚悟を。