ペットヘルプでお薬作成

まずクジラ船で空の上へ行って、

  • 水のクリ欠け35個 →「水のモンスタークリスタルLv7」1個
  • 火のクリ欠け30個 →「火のモンスタークリスタルLv6」1個

に、それぞれ交換してきました。

これを薬剤師に装備し、調合スキルからお薬のレシピを選ぶと、

  • 「水のモンスタークリスタルLv7」は「LP500薬(調合Lv7)」
  • 「火のモンスタークリスタルLv6」は「LP400薬(調合Lv6)」

の時に、背後にカルドン(Lv45 緑サボテン)が現れるようになりました。

試しに、「水のモンスタークリスタルLv7」を装備したまま、「LP600薬(調合Lv8)」を作ってみました。このときにはカルドンは背後に現れず、45回(15セット分)くらい調合を繰り返しましたが、「水のモンスタークリスタルLv7」のDurが全く減らないことが判りました。「ペットヘルプ」発動の条件は厳密なようです。ちょっと期待したのに残念。

この間に「双子」が1個できましたが、これはノーマル作成で時々起きる「双子」だと思われます。


さて、実験の本番です。

「水のモンスタークリスタルLv7」を装備し、Lv45の「ジャバー」スキル付きカルドンを「Battle」にして、「ペットヘルプ」発動条件を満たしている、調合Lv7の「LP500薬」を作ってみます。

LP500薬を作り始めると、周囲をカルドンが歩き回り、出来上がる毎に「シャカシャカ」とマラカスを振るような音がしてカルドンが踊ります。「ReTRY」か「END」のボタンを押すまで「シャカシャカ」踊り続けるので結構賑やか…を通り越してちょっとウルサイかも。

そして期待していた「双子」ですが、22回(7セットと1個分)作成して、「双子」になったのはたった1回だけでした。材料のハーブが尽きたので、実験の続きはまた次回です。

試した回数は少ないですが、この程度であれば普段、「ペットヘルプ」しないで作っているときとあまり変わらない気がします。
「ペットヘルプ」のためにLv上げしている、職人は報われるのでしょうか?不安が残る中間結果になりました。

また「水のモンスタークリスタルLv7」のDurは192→186と「6」減りました。22回の「ペットヘルプ」で6減ったから、3〜4回実施する都度、Durが1減った計算です。この調子で今後も減り続けるとすると、このモンクリが無くなる日はそう遠くなさそうです。
果たして、水のクリ欠け35個分の「モト」をとることは出来るのでしょうか?


ハーブが集まったので、実験再開です。
今度は40回の作成で9回「双子」になりました。
作っていて、「双子」が立て続けに出来るときと、全く出来ないときがあるのを感じました。
かなり「双子」発生率に偏りがあるようです。

13セットと1個分の材料と作成FPで、3セット多くお薬ができたワケで、これだけ出来ると「ペットヘルプ」してもらった甲斐があります。
モンクリのDurはさらに減って現在、176。トータルだと、62回で16減った事になるので、3.875回の調合でDurが-1した計算に。
こちらは「双子」の出来る率のように偏らず、確実に磨り減っているようです。


「双子」の出来率を調べていて、1回調合する度に「正」の字に棒を1本づつ書き足しながら、出来上がる薬が1個か2個かと、マジメに検証するほどの事では無い気がしてきました。
今までのように「あら、双子ができた。ラッキー♪」程度に思いながら、気にせず作っていた方が精神衛生上、良いかもしれません。