ナイフ屋、待ちぼうけ

昨晩、そろそろ寝るためにナイフ屋の露店を仕舞おうかと考えていた頃に、以前日記にも書いたFlash職人の方が露店している脇へ遊びにいらっしゃいました。
そして「明日、風水クエストに行くから風水用ナイフ5本用意しておいて」とのご注文を受け、材料は全部こちらで用意することになりました。

ボロックナイフ(R5下位ナイフ)
金8 純銀7 ツガ20 ヒバ20 綿端8

急なご注文でしたが、「出来ないことも無いな」と思いました。

翌日作成しても良かったのですが、急いでいらっしゃるようでしたので、なるべく早く作っておいた方が良いと思い、その日のうちに用意することにしました。
残念ながらその時、ボロックナイフ5本分の材料は在庫していなかったので、オリハルコンの寝掘りに設置したばかりの坑夫を呼び戻し、1時間半ほど就寝予定時刻をオーバーして材料を集めて作成しました。



しかし今夜、その方とお会いできず、風水ナイフをお渡しすることは出来ませんでした。荷物を圧迫されて在庫にする次のナイフは作りづらいし、1サバからナイフ屋を動かせないしで、散々です。
ナイフ屋を「人待ち中」と立たせた近くで服屋の露店をしていたので、待っている間の時間は特に苦にはなりませんでしたが、昨夜の努力が無駄になったのは正直、残念でした。

お会いできる時間をはっきり打ち合わせておかなかった事や、名刺を交換していなかったのが悔やまれます。