【近況報告】
    2022春イベ2022梅雨イベ甲完走。
    資源回復モードで次イベ待機中。


FireFox1.5.0.1

昨日、いつものようにWeb閲覧していたら「アップデートファイルがあります」とFireFoxが通知してきました。「はいはい」と更新ボタンを押したら自動的にファイルをダウンロードしてFireFoxのバージョンが「0.1」上がりました。
「なにがあったんだろ?」と思ってHPを見に行ったのですが英語だったので良く判らずorz 「ま、いっか」とそのまま使ってました。

今日になって窓の杜で解説記事http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/02/02/firefox1501.htmlを見つけ「0.1」上がったワケを知りましたが、やはり、普段使って気付くようなモノじゃなかったみたいです。

そう言えば以前に一回、FireFoxが起動出来なくなった事がありました。
あれは、トレンドマイクロのオンラインウィルススキャンhttp://www.trendmicro.co.jp/hcall/index.aspを無謀にもFireFoxで実行しようとして、Javaが応答不能になってFireFoxごと強制終了した後です。

【注意】
 トレンドマイクロのオンラインウィルススキャンは
  ※ブラウザ:Internet Explorer 4.01以上
  ※Netscape NavigatorMacintoshでは動作いたしません。
 とあるのでFireFoxでの実行はお勧めしません。

自分のFireFoxには「SessionSaver2」という「前回表示していたWebページを次回起動時にも引き継ぐ」プラグインを入れてあったので、これが裏目に出てFireFoxを起動すると毎回、ウィルススキャンのページを表示しようとしてFireFox本体が応答不能にorz

FireFoxが正常に起動しないことには「SessionSaver2」を解除することも出来ないので、FireFoxそのものをアンインストールすることも考えましたが、原因はJavaと判っていたので、「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」から「Java Runtime2」をアンインストールしてようやくFireFoxが起動する状態に戻した、と言う"事件"がありました。まぁ、正確には事件というよりは"自業自得"ですけど。

あれで懲りて以来、FireFoxJavaなWebページには行かないようにしているのですが、今回のバージョンアップで改善されたのかな?(多分、関係なさそうですけど。)