艦これ2024早春イベ攻略中)、たまに えびバイク など




ナイフ屋と服屋を同時に出店

最初、服屋だけで露店していたのですがあまりお客が来なかったので、ナイフ屋も横に並べて出店してみました。どちらか片方づつお客さんが来てくれるなら、対応できるかな、と思ったのです。

いざやってみると面白いものですね。ナイフと服なので関連性は無いはずなのに片方の店に行列ができると、今までだれも並んでいなかったもう片方もお客さんが並び始めるのです。テンテコマイになるかと思いましたが、トレード画面を開いてお客さんに品物を選んでもらっている間とか、時間的に結構余裕があったので、両方のお店にお客さんが来ても意外と同時進行が可能である事が判りました。

それにどちらにもお客さん来ない時は、まったく来なくて暇なのは一緒だしorz

そういえば、今日も変なお客さんが来ましたよ。先日の日記の方とは別キャラでしたが、いきなりPTに入ってトレード画面を開き「R3」とだけ繰り返すあたり、どうやら日本人ではなさそうです。(笑)…もしかして、外国のXGではこういうトレードの作法(?)が一般的なのでしょうか?

こちらも対抗(?)して一本だけ在庫していたR3ナイフを黙ってトレード画面に展示します。そのナイフはリバース作成でATKMAXを10超えていたので刻印で「5000G」の値札をつけてありました。ちょっとした逸品なのでそれなりの値段に設定してあるのです。

「さて、何て言って来るのかなー?」と期待して待っていたら、そのお客さんは何も喋らず「2000G」をトレード画面に示されました。「その値段はドコから出てきたのだろう?」と一瞬考え、「もしかして、値切られているのではないか?」と思いあたりました。

ナイフを売っていて値切られる事も珍しいのですが、どれくらい粘るのか試してみたくなりました。私は「5000Gになりますー」と白々しく言ってみます。相手に「4000 OK」と言われました。お〜!やはり値切っていたのですね〜。

私が「だめですよー」とまた白々しく言うと、しばらくして、黙って「5000G」を示されたので「Trade OK」ボタンを押してトレードを成立させました。もう少し粘るかと思ったのですが意外とアッサリしてましたね(ぇ

その方はすぐにPTを解除して何も言わずに去って行きました。こんな調子で他のお店からも買い物しているのでしょうか。がんばってXGの世界を生きていってほしい物です。

あ〜いつもなら刻印を外してからお渡しするんだけど、今回はそのまま渡しちゃったなぁ…まぁいいか(ぉぃ