お薬大量生産

実家で父親が使っていたPCが起動しなくなり、昨日はその修理のために帰省していて丸一日ゲームが出来ませんでした。故障したPCは、HDDを新品に入れ替えてOSインストールからやりなおしました。時間は掛かりましたが、無事に復旧できてなによりでした。

    • -

土曜日の夜中に実家から帰宅してXGを起動したら、薬剤師キャラにお得意様から「LP600薬15セット+LP800薬5セット」のご注文メールが入ってました。では、日曜日はお薬を大量生産して遊ぶことにしましょう。

金曜の晩にR10マロニエとR9フェンネルを大量に採ってあったのでLP800薬の方は何とかなりそうです。問題はLP600薬とLP800薬で共通する、R8ナデシコ、R6サフラン、そしてLP600で大量に消費するR7タイムの確保ですね。

タイムとナデシコはジェノーバの南にあるお花畑でまとまって採れますから、ここにきこり2キャラを常駐させましょう。残りの材料、R1アップルミント、R3アイリス、R4カリンなどはコウフや狩人キャラに採らせましょう。

R6のサフランは本来きこりでないと採れませんが、伐採Lv5のコウフならリバース伐採で採ることが出来ます。コウフは既にLv上げ程度しかバースト時間を消費するアテが無いので、この機会に使ってしまいましょう。

半日ほど掛けて、ようやく注文の品数を揃えることが出来ました。まだお客様はOnLineされていませんでしたので、「できてますよ〜」とメールを出しておいて、市販向けにLP800薬、LP600薬を作り続けました。

市販向けの薬は20セット以上になる都度、露店で売りました。流石に1日中きこりがジェノーバに張り付いていると出来上がる量が違いますね。今日一日でLP800薬とLP600薬をあわせて100セット程度売ったようです。

露店は、看板で大量に在庫していることをアピールしたら、5セット、10セットと大量のまとめ買いされるお客様が多く、文字通り一瞬で売り切れました。消費意欲が活発なのはXGの活気に繋がりますから良いことですね。

今日のお薬大量生産のきっかけになったお得意様も夜にはOnLineされ、無事ご注文の品を納入することができました。

お買い上げありがとうございました。またよろしくお願いします。
では、また明日です。