チンジャオ量産

採取キャラに同行する医者キャラは普段、いつも「お弁当」を1セット持ち歩いています。それは、採取場で治療を続けると採取が終わる前に医者がFPを使い切ってしまうことがあるからです。

ハーブ園やカニクマ洞窟あたりなら、医者だけ町に戻ってFPを回復し、また単独で採取場まで歩いても良いのですが、ジェノーバやネコマタ洞窟あたりになると流石に医者キャラの単独行動は自殺行為に等しいので、「お弁当」が必要になります。

医者キャラは基本的にSMAX&M0なのでLv40台後半の現在でもFPは380程度しかありません。治療スキルLvも上がってきたので4〜5回全力治療したらFPが切れてしまいます。

そこで、FP切れで満腹近くまで回復可能なチンジャオがお弁当に最適です。しばらく前に海賊の島に篭って大量生産したチンジャオは食べ尽くしてしまいました。

チンジャオロース
牛肉20 たけのこ20 塩10 ピーマン20

また海賊の島へ行く腕輪があれば簡単に作れるのですが、残念ながら腕輪は使い切ってしまったので、地道に普通の採取地でそれぞれの材料を集めてみることにしました。

今回、牛肉は初めてブラキウム高地の峠に入ったところで採ってみました。正確に測ったわけではありませんが、体感的にはキリの北西海岸より少し良いかな?って感じです。ただし、出てくる敵モンスのLvが結構高いので採取地までの移動はビクビクものでした。

ピーマンはオーソドックスにイールの南西にある海岸で採取しました。トマトだけでなく、鹿の皮も混じって採れるので、荷物が要らないものですぐに一杯になって採り辛いですね。オマケで獲れた鹿の皮は服作成に使うため、別キャラでしばらく保管することに。

塩はザンクトハルマのアイシャ島北門を出てすぐの橋の上にしました。空振りが多いので採れる速度は遅い感じですがトマトが混じらないのが良いですね。

たけのこはアリュートの西の海岸で。ここもトマトが混じらず単独で取れるので安心です。

これらの材料を薬剤師の副職で調理してチンジャオ約10セットに仕上げました。これでしばらく医者キャラのお弁当には困らないでしょう。

今日のXGはチンジャオの材料採取と作成だけで終わってしまいました。これだけ時間と手間を掛けるくらいなら売っているのを買ってきたほうが安かったような…ま、いいか。