【近況報告】
    2022春イベ2022梅雨イベ甲完走。
    資源回復モードで次イベ待機中。


再会

数ヶ月前に大規模なサーバー停止事故(サバ落ち)がありました。復旧後にお詫びとして「龍の砂」が配布されたあの件です。あの時、丸1日分の巻き戻りがあったのですが、それ以降ずっと連絡が取れなくなっていた友達と、久しぶりに再会する事が出来ました。

彼とサバ落ち直前に行った取引が巻き戻りで無かったことになっていたので、ようやくやり直す事ができました。もうすっかり幾らで取引したかお互いに判らなくなっていましたが。

彼はまだどのギルドにも所属しておらず、ギルド名刺やギルドルームの便利さを紹介して自分のギルドルームに案内したら興味をもってくれたので、ウチのギルドに勧誘して加盟してもらうことが出来ました。

これまでも、お互いに名刺交換はしてあったのですが、名刺を持っているキャラを使うタイミングが合わず、実際には同じ時刻にゲームをしていてもOffLineであるかのように見えていました。

それでも、以前は同じサーバーの同じ場所(西病院看護婦の周囲)で薬や装備を作っている仲間だったので、名刺がOffLineでも「あ、今日もゲームしてるんだな」とお互いに判りました。

しかしあのサバ落ち事件とほぼ同時期に、私がギルドに参加して常駐場所を4サバに移行したので、余計に会えるタイミングを逃していたようです。でも、これからはギルド名刺を見れば、互いにOnLineしている事が判ります。

彼もそのうち、ギルドルームを使うために4サバに常駐するようになるでしょう。私もそうでしたが、1〜7サバまで同じ構造なので、どのサバに居ても良さそうなものなのですが、馴染みのサバから引っ越すのは結構、抵抗があるんです。特に、生産や採取をやっていると、町の中や採取場所には、言葉は交わした事が無くてもいつも同じ顔ぶれの微妙なお馴染みさんが居るのです。

彼らを含めた風景がそれぞれのサーバーの特徴と言うか雰囲気なので、そう言ったものがガラリと変わるサーバーの引越しは一大決心が要る・・・なんてのは大げさですが、彼も乗り越えてくれることに期待しましょう。

さらに余談ですが、彼も結構な多アカウントプレイヤーで、私以上に生産に特化した遊び方をしています。確か、装備系職人さんばかり4キャラくらい持っていてそれぞれDEX上げしている最中なので、これまでもウチのキャラが使う装備でお世話になっていましたが、ギルドモンスが要求する餌装備の調達も楽になるんじゃないかと期待しています。

ほとんど自分とあと数名しか活動していなかったギルドに、新たなメンバーが加わったのが嬉しいです。相変わらずギルドマスターは仕事に追われてゲームするどころではないようです。そろそろギルドモンスの名前を初期値の「たまご」から代えて欲しいのですが、無理っぽいですね…(^^;